芸能ニュースで最前線!

information

ZOZO、株価下落止まらず!終値2392円・・・正念場か?



どうなる・・・

ZOZOスーツ
前澤氏のマスコミ露出が減ってきています。
現在、けっこう大変なのではないでしょうか?

半値は切りました!1950円を切ると危険地帯に突入してしまいます!

ちなみに、RIZAPも急落が止まらなくなってきています。

関連記事:前澤社長のZOZO、株価が急落!?・・・崖っぷちか?

>> にほんブログ村 芸能裏話・噂
応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:ニュース




2018.11.15 Thursday|-|-|-|-

獣なれ:新垣結衣、けっこうだらだら涙!?・・・おとなしい爆発!?



でかカワ・・・

つっこみどころ満載でございます!
美しい一筋の涙というというよりも、ガッキー泣いてる!

けっこうだらだら流れてて「びっくり」です。泣いてんじゃんという感じ・・・

一応これがためていたものを「爆発」させたということになるんでしょうか?

晶(新垣)が呉羽(菊地凛子)にもたれて泣く形になったんですが、高さがそれほど変わらない。菊地凛子もけっこう背が高いと思って調べたら169cmでした。納得。

尚、京谷(田中圭)の元カノ・朱里(黒木華)のストーカー体質が始動したみたいです・・・今度はこちらでいろいろ視聴者をやきもきさせようということらしいです。
(ちなみに、朱里のあのひらひら(服)は・・・ピーターパンか?)

このドラマ、女性の過重労働、引きこもり、ストーカー、全摘、偽装結婚、どんだけ盛り込むねん!さらに、恒星(松田)のあの札束はなに?・・・ということでドラマは盛り上がるのでした。

ちなみに第6話の視聴率は、10.0%に回復。最終は15%くらいはいくかもしれません。

(以下いんよう)
女優の新垣結衣と俳優の松田龍平がダブル主演を務めるドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第6話が14日に放送され、クライマックスに新垣演じるヒロインが一筋の涙を見せると、視聴者から「すごくよかった」「涙が止まらなかった」「美しい」などの声がネット上に寄せられた。

 晶(新垣)と恒星(松田)のキスを見ても動じない呉羽(菊地凛子)は2人を夫・橘カイジのパーティーに誘うが恒星は晶との約束を理由にそれを断る。そんな中、恒星は呉羽とカイジの結婚についての「不穏な噂」を聞いてしまう…。

 京谷(田中圭)の残した荷物から、晶の住所を見つけた朱里(黒木華)は、晶の家に向かうも、ふらっと「5tap」へ。そこでは恒星とタクラマカン斎藤(松尾貴史)が話し込んでおり、なぜか朱里も一緒に話の輪に入って飲み始め…。
(中略)
 京谷との会話の後、晶は1人で呉羽のショップへ。呉羽に対して、晶は京谷との関係を持ったことを責めながらも、その責任の一端が自分にもあることを認め「こんなこと言っても何にもならないのに…」と混乱したそぶりを見せてしまう。そんな彼女を、呉羽が抱き締めると、晶の目から一筋の涙が。このシーンに視聴者からは「すごくよかった〜」「涙が止まらなかった」「ガッキーの涙美しい」などのツイートが殺到した。
(いんよう「livedoorニュース」情報元「クランクイン!」)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00060433-crankinn-ent

>> にほんブログ村 芸能裏話・噂

応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


JUGEMテーマ:芸能





2018.11.15 Thursday|-|-|-|-

獣なれ:ガッキー、追い詰められ戦慄の「幸せなら手をたたこう!パンパン!」状態に?



理想の部下・・・

ついに崖っぷち!
会社で周囲がおんぶにだっこしてくる多忙状態を解消できず、ついに晶(新垣結衣)が鼻歌まじりに仕事をこなしだした。

そしてバックには繰り返し流れる・・・

「幸せなら手をたたこう!パンパン!」

「幸せなら手をたたこう!パンパン!」

「幸せなら手をたたこう!パンパン!」

そして晶は、マンションの吹きさらしの外階段から下を見下ろす状態に。
(以前は、電車に飛び込む雰囲気をだしていました。)

仕事で精神的に追い詰められ!?恋愛はうまくいかず、ほぼ精神崩壊状態か?

さらについでに、こんどは恒星(松田龍平)とキスだよ・・・

けっこう視聴者の精神状態も振り回すドラマとなっております。

ドラマとしては、主人公が崩壊はまずいので「爆発」を予想!
視聴率も上がるんじゃない?

(以下いんよう)
 女優の新垣結衣さん(30)が主演するドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)の第5話について、「戦慄のシーンがあった」と視聴者の間で話題だ。
(中略)
 番組中盤では、晶が以前にも増して感情を押し殺して仕事に邁進する姿を描写。「表面的には」社会人として望ましいように振る舞う晶を描くシーンだったが、そのシーンにBGMとして挿入されたのが、新垣さんの鼻歌「幸せなら手をたたこう」だった。

 突然のリスケジューリングにも嫌な顔一つせず応じ、社長からは「理想の部下に近付いた」と評されるなど、「嫌がる」という感情を失ったかのような晶。淡々としたシーンに重ねられた新垣さんの鼻歌は、主人公のこれまた淡々とした表情と重なり、やや奇抜な演出であるにもかかわらず妙なフィット感を維持。新垣さんの鼻歌は晶の仕事シーンが終わるまでの2分半にわたってテレビから流れ続けた。

 この演出に対し、ネット上には「鼻歌まじこわい」「晶さんの鼻歌がホラー。ザワザワした」など、当該シーンに恐怖したとの書き込みがネット上に噴出。「晶が少しずつ少しずつ壊れていく」と、主人公の精神状態の危機を感じたとする意見のほか、「私も鼻歌歌いながら無感情に仕事してるときある」と、普段の自分の危うい行動に気付いたとする声もある。
(後略)
(いんよう「Yahoo!ニュース」情報元「J-CASTニュース」)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000002-jct-ent


>> にほんブログ村 芸能裏話・噂

応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:芸能


JUGEMテーマ:日本のTVドラマ





2018.11.10 Saturday|-|-|-|-

吉岡里帆、「父親がNHK大河ドラマプロデューサー」は誤報!?・・・どっち?



うその上塗り・・・

はっきりさせる必要あり?
吉岡里帆の、「父親がNHK大河ドラマプロデューサー」が誤報であるなら所属事務所は、週刊新潮に謝罪と訂正記事掲載を要求しないと、本当かどうか一般は納得しないでしょう。

それに対して週刊新潮がつっぱねたら、記事は真実だということになります。

このままでは、だれも事務所を信用しません。
「NHK広報にも確認すると・・・」とありますが、それでは本当に問い合わせたかどうか、それも信用できないんで。

週刊新潮の記者は、吉岡里帆の実家や家族関係くらいは簡単に調べられるんではないでしょうか?もしそれを誤認して記事にしたのなら・・・

週刊新潮は地に落ちたというレベルの話になってしまいます!?

週刊新潮の大失態か、吉岡里帆のうその上塗りか?

どちらに転んでも大事になってきたかもしれません。

(以下いんよう)
(前略)
 そんな中、吉岡にとってまさに泣きっ面に蜂のような報道が……。10月31日発売の『週刊新潮』が、吉岡の父親がNHK大河ドラマのプロデューサーであるという記事を載せたのだ。
(中略)
《京都に住んでいた頃は、夜行バスで東京のオーディションを受けに来ていた》

《上京費用の捻出のために、バイトを4つも掛け持ちしていた》

 など、吉岡はバラエティー番組などでよく苦労話を語っていたのがアダとなった。

父親がNHKプロデューサー”という恵まれた環境なのに、“苦労人アピール”をしていたととらえられたんでしょう。ネット上では、“だから急に推されているんじゃない?”“結局コネなんかい!”など辛辣なコメントが続々と上がっています」(同・テレビ誌ライター)
(中略)
 本誌が吉岡の所属事務所に確認したところ、

「吉岡の父親がNHK大河ドラマのプロデューサーという記事は、まったくの事実無根」

 NHK広報にも確認すると、

「事実ではありません。通常は出演者のプライバシーについてはお答えしておりませんが、今回はそういった事実はないのでお答えしました」

 と回答した。

 吉岡自身も過去のインタビューで、父親について「映像会社を経営するカメラマン」だと明かしている。本誌が調べたところ、確かに吉岡の父親が経営する会社が京都に存在していた。名前もネットで噂されているNHKのプロデューサーとは異なる。
(後略)
(いんよう「Yahoo!ニュース」情報元「週刊女性PRIME」)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181110-00013781-jprime-ent

関連記事:
吉岡里帆、忖度起用か!?・・・父親がNHK大河のプロデューサー!

>> にほんブログ村 芸能裏話・噂
応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:芸能





2018.11.10 Saturday|-|-|-|-

日本人が働けるように、メイドさんを受け入れたら!?・・・入管法



女中さん・・・

新入管法?
最近の入管法の議論は、外国人をとにかく入れたいという意図が感じられて不気味です!
なにか別のことを狙っているようで・・・

人手不足というなら、日本人がまず働けるようにするべきでしょう?
そのために・・・

日本で親の介護で離職してしまう中間年齢層、子育てで働けない若い男女などは、

メイドさんに家のことを任せることができれば、

本人は存分に働けるんじゃないでしょうか?

メイドさんに住み込んでもらえる部屋は普通ないでしょうし、給与があまりに高ければむづかしいでしょうが・・・

専用のマンションを国が用意して住居費をただにしてあげれば、そこから通えるし、個人が直接メイドさんに払う給与はかなり少なくて住むんじゃないでしょうか?

かつての日本は裕福な家庭では、住み込みの女中さんがたくさんいたらしい。
現在でも家政婦さんは存在しますが、当然住み込みじゃないし、料金も高いです。

東南アジアや中東のやや裕福な家庭では、メイドさん(日本でいう、いわゆる女中さん)がいるのが当たり前。日本の企業でも家族で赴任したら、一般的にはメイドさんをつけるのではないでしょうか?

すでに日本の生活レベルは、そこまできています。
尚、こういうメイドさんを期待してはいけません・・・


>> にほんブログ村 芸能裏話・噂
応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:ニュース




2018.11.07 Wednesday|-|-|-|-

インフォメーション1

  • スポンサードリンク

インフォメーション2

Copyright © 芸能ニュースで最前線! All Rights Reserved.