フジテレビ、ジャニーズを見限りか?・・・「おじゃMAP」で対立先鋭化! | 芸能ニュースで最前線!

information
フジテレビ、ジャニーズを見限りか?・・・「おじゃMAP」で対立先鋭化! | 芸能ニュースで最前線! 記事一覧

フジテレビ、ジャニーズを見限りか?・・・「おじゃMAP」で対立先鋭化!



あらら

視聴率取れないから・・・
フジテレビとジャニーズ事務所が対立していて、フジはそれを隠さなくなっていると報道されはじめています。
もう前から明らかなように、ジャニーズ・タレントだからといって出演させれば視聴率がとれるという感じではなくなってきています。ドラマにしてもバラエティー番組にしてもおもしろくなかったら観ないです。

芸能事務所とのしがらみのすくない宮内正喜氏が社長になったことも大きいらしい。
ジャニーズを退所した3人は、テレビでなくネットドラマに出演するし、大物タレントも3人と共演するようです。これまでにはない動き・・・
他のテレビ局もフジと同じような対応をしてくることが考えられます。

つまり、これまでのようにジャニーズ事務所の顔色をうかがってジャニタレを出演させるということはなくなってくるということでしょう。実力のあるジャニタレは大丈夫でしょうけど・・・
(以下いんよう)

(前略)
 9月にジャニーズ事務所を退所した元SMAPの香取慎吾がレギュラーを務めるテレビ番組『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)が攻めている。7月19日には香取の「俺、引退しないから」という発言を放送し、10月4日には同じくジャニーズを退所した草なぎ剛と2人旅をさせ、ステージに立って歌わせた。テレビ局関係者が話す。

「快く思わないジャニーズから、相当責められているようです。それでも、『おじゃMAP!!』は手を緩めない。完全にジャニーズと戦うつもりですよ」

 フジテレビといえば、月9ドラマで木村拓哉が高視聴率を取るなど、これまでジャニーズと蜜月関係を保ってきたように見えた。

「今、フジのゴールデン帯でレギュラーを持っているジャニタレは、『VS嵐』の嵐だけ。しかも、視聴率は10%前後とそんなに高くない。TOKIOは深夜帯だし、KinKi Kidsは日曜の午後。実は、もうフジはジャニーズに頼っていないんです。確かに7月クールの月9では山下智久主演の『コード・ブルー』が高視聴率を取りましたが、4月クールの月9『貴族探偵』ではジャニーズの意向を汲んで相葉雅紀を主演に据え、主題歌も嵐の『I'll be there』にしたものの、全話平均視聴率8.8%台(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)と大低迷。月9の30周年という記念すべき作品で大コケしてしまった。逆に、1月クールでは当時まだジャニーズ所属だった草なぎの『嘘の戦争』は一度も2ケタを切ることなく、全話平均視聴率11.3%を獲得。結局フジの制作陣は、ドラマはキャスティングで獲れるものではないし、ジャニタレが数字を持っているわけではないとわかったのです」(テレビ局関係者)

(中略)
 フジはテレビ東京に追い抜かれてもおかしくない位置まできており、ジャニーズに気を遣っている余裕がない。実際、香取と草なぎの2人旅スペシャルの視聴率は民放同時間帯1位だった。ジャニーズに背を向けたほうが、実は数字を獲れるという手応えも感じつつある。今の視聴者は芸能事務所への忖度ばかりするテレビ界に嫌悪感を抱いている。日本テレビやテレビ朝日がジャニーズに頼っているなかで、差別化できれば低迷を脱せるという読みもある」(同)

 10月18日の『おじゃMAP!!』では、香取と親交の深い萩本欽一をゲストに呼ぶ。
(後略)
(いんよう「livedoorニュース」情報元「ビジネスジャーナル 」)
http://news.livedoor.com/article/detail/13744942/


【関連記事】ジャニーズ事務所・ジュリー副社長、テレ朝と広告代理店に圧力?・・・元SMAP退所組
>> にほんブログ村 芸能裏話・噂
応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:芸能





2017.10.13 Friday|-|-|-|-

インフォメーション1

  • スポンサードリンク

インフォメーション2