日馬富士事件:「貴ノ岩に被害者感情なし」報道?・・・よく言えたもんです! | 芸能ニュースで最前線!

information
日馬富士事件:「貴ノ岩に被害者感情なし」報道?・・・よく言えたもんです! | 芸能ニュースで最前線! 記事一覧

日馬富士事件:「貴ノ岩に被害者感情なし」報道?・・・よく言えたもんです!



誰が言ってんの・・・

自分だったらどうなんだ!
「貴ノ岩に被害者感情なし」、貴乃花親方が自分の野望のために・・・と報道されています。

自分に置き換えて考えたら、わかるでしょうに?
被害者感情あるに決まってるでしょ!・・・痛いし、辛いし、先行き不安だし・・・

貴ノ岩は、いままで入院していたようです。頭を割られて切れた部分はふさがったらしいですが、頭蓋骨と脳の間に血だまりができて、頭蓋骨に穴をあけてそれを抜く手術をうけたという報道もあります。

耳の奥の小さな骨が折れているらしいです。
耳の聞こえも悪いし、耳の具合がわるいと「平衡感覚」に影響してふらつくんです。これは経験されている方も多いんではないでしょうか。

こんな状態で相撲の稽古もできないし、本場所などとても出れない。待っているのは番付けの大幅降格です。救済措置の話はまったくなし。

これでは引退の2文字がちらつきます。しかし、関取(十両以上?)で30場所以上在位していないと相撲界に残れないらしいですが、貴ノ岩は現在15場所ということで足りません。ですから引退したら相撲界に居場所はないんです。

こんな状態の貴ノ岩の面倒を今後誰がみるんですか。
日馬富士や白鵬が一生面倒をみてくれるんですかね。

貴乃花親方は、自分が生きている限り一生面倒を見るんじゃないですか。

「警察関係者が声をひそめて」とか報道されているが、警察関係者が個人的感情を外部の人間にもらすんでしょうか?

(以下いんよう)
依然として貴ノ岩(27)の聴取を拒否している貴乃花親方(45)。その裏側でとんでもない情報が飛び込んできた。

 警察関係者が声をひそめてこう言う。

「今回の騒動は貴ノ岩が日馬富士に殴られて、師匠である貴乃花親方が鳥取県警に被害届を提出したことから始まった。貴乃花親方の怒りはすさまじく、県警にも『何を言われようが弟子を守る』と憤っていた。ところが、県警が貴ノ岩を聴取したところ、どうも話が噛み合わないというんです。貴ノ岩は被害者のはずなのに、日馬富士に対する恨みつらみはほとんど聞かれなかったとか。捜査員も、少なくとも本人に被害者感情はなさそうだと思ったらしく、貴乃花親方との温度差に困惑したと聞きます

■言動すべて矛盾

 貴乃花親方は13日も相撲協会からの出頭要請に応じず、危機管理部長の鏡山親方(元関脇多賀竜)の訪問も無視。当初は警察の捜査後なら貴ノ岩の聴取に応じることに同意しながら、協会側に「警察と検察を聞き間違えた」と伝えるなど、まるで子供のような言い訳で逃げ回っている。

 それもこれも、貴ノ岩に被害者感情がないとすれば、すべて腑に落ちる。そもそも、貴ノ岩と日馬富士の関係は良好。事件直後の鳥取巡業で両者が握手をしていたのは、多くの力士や関係者が目撃している。貴ノ岩自身も師匠の方針とは裏腹に、あくまでモンゴルコミュニティーの一員という意識が強いという。警察の聴取に「恨みつらみを言ってない」ということは、それらがすべて事実だという裏付けになる。

 もし、貴ノ岩が協会の聴取に本心を明かせばどうなるか。これまで貴乃花親方は散々、被害者だ、公正な裁きを、と主張し、「弟子を守る」とも言ってきた。だが、フタを開けてみれば拳を振り上げているのは師匠だけ。それどころか、貴ノ岩を師匠とモンゴル勢の間で板ばさみに追い込み、苦しめているのは貴乃花親方自身ということになる。これまでの言動すべてに矛盾が生じるのだ。

 だからこそ、貴乃花親方は弟子の聴取をかたくなに拒否している。貴ノ岩には「同郷の横綱に殴られ、今もなお、心身ともに苦しんでいる被害者」でいてもらわなければ、都合が悪いのだ。
(後略)
(いんよう「livedoorニュース」情報元「日刊ゲンダイDIGITAL」)
http://news.livedoor.com/article/detail/14032259/


>> にほんブログ村 芸能裏話・噂

応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:ニュース


JUGEMテーマ:スポーツ


JUGEMテーマ:芸能


2017.12.15 Friday|-|-|-|-

インフォメーション1

  • スポンサードリンク

インフォメーション2