体操・塚原夫妻「音声爆弾」・・・逆に自爆の危険? | 芸能ニュースで最前線!

information
体操・塚原夫妻「音声爆弾」・・・逆に自爆の危険? | 芸能ニュースで最前線! 記事一覧

体操・塚原夫妻「音声爆弾」・・・逆に自爆の危険?



やってはいけないこと?

不法行為?
音声録音があるといっても、相手に了解をとらず黙って録音したら犯罪になるんじゃないの?
ましてやそれを相手に了解をとらないで公表することは許されるんでしょうか?

そして音源があるといって圧力をかけることも、相手を脅すことになるんじゃないの?

そして音声の一部が公開されましたが、内容は高圧的な感じがしますけど?
言い方としては静かめで話しているらしいですけど・・・

(以下いんよう)
体操女子でリオデジャネイロ五輪代表の宮川紗江(18)が日本体操協会の塚原光男副会長(70)と妻の千恵子女子強化本部長(71)からパワハラ行為を受けたと告発した問題が、混迷を深めている。31日には塚原夫妻が文書で見解を発表。宮川に対して不適切な発言があったことは認めたものの「宮川選手を脅すための発言はしていません」と、パワハラを全面否定した。しかも潔白の証拠となる“録音爆弾”があることも明らかにしたのだが…これが思わぬ波紋を広げているのだ。
(中略)
 実際、録音内容は一部のテレビ番組で放送された。宮川が塚原夫妻に密室に呼び出され、パワハラを受けたとされる7月15日の翌日のものだった。これがすべてなのか、それとも“隠し玉”が他にあるのかは不明で、なんとも不気味だ。

 ただ、皮肉にも波紋を広げているのは中身ではなく、千恵子氏がとった録音という手段とその方法。千恵子氏は「(宮川が)弁護士を立てて(所属先と)争っているような状況だったので、念のために録音した」と説明したものの、フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」に生出演した宮川は番組内で「全く気づかなかったですし、どうして録音していたか疑問」と困惑の表情を浮かべた。

 宮川の代理人を務める山口政貴弁護士は本紙の取材に「『パワハラがない』って言っているほうが録音とは『なんで?』と思う。真意が分からない」とした上で、千恵子氏の手法に「問題あると言えばある」と不快感を示した。ネット上では「卑怯な手」「孫ほどの選手に情けない行動」などと批判が続出しており、録音の存在は風向きを変えるどころか、完全に「裏目」に出ている。

 今後もよほどの証拠がない限り、大勢に変化はないという。何より、立場のある指導者2人が18歳の未成年を密室に呼び出し、その際の不適切な言動で「宮川紗江選手の心を深く傷つけてしまった」(塚原夫妻文書)のなら、その時点で立派なパワハラと言える。
(後略)
(いんよう「livedoorニュース」情報元「東スポWeb」)
http://news.livedoor.com/article/detail/15246139/


>> にほんブログ村 芸能裏話・噂

応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:スポーツ


JUGEMテーマ:ニュース




2018.09.04 Tuesday|-|-|-|-

インフォメーション1

  • スポンサードリンク

インフォメーション2