貴ノ岩の民事訴訟、日馬富士側の提示は50万円!?・・・治療代にもならないかも! | 芸能ニュースで最前線!

information
貴ノ岩の民事訴訟、日馬富士側の提示は50万円!?・・・治療代にもならないかも! | 芸能ニュースで最前線! 記事一覧

貴ノ岩の民事訴訟、日馬富士側の提示は50万円!?・・・治療代にもならないかも!



ここは日本です・・・

はあっ!
大相撲の幕内・貴ノ岩が、元横綱日馬富士の傷害事件について、被害者側として損害賠償を請求する民事訴訟を起こしたそうです。

だいたい元横綱日馬富士は罰金刑をうけています。(犯罪が確定していますが、裁判になっていないので有罪・無罪もないようです)
損害賠償について、示談も調停も不成立なら、訴訟は当然でしょうね。

しかも、損害賠償として、示談も調停時点でも日馬富士側の提示は最高で50万円!?
少なくとも治療費は、病気ではなく、交通事故と同じで、健康保険は効かないので10割全額負担だと思うので、ぜんぜん足りないと思います。

どういう神経してるんでしょうか?
戦う姿勢満々ですが?

退職金と断髪式、ご祝儀等々で、日馬富士は3億円以上を手にしたといわれています。
それが50万円?

だいたい日馬富士は、部屋とか後援会とか関係者の皆様に謝罪しましたが、一度も貴ノ岩への謝罪してなんですよね。

相撲協会がどうでるのか?
裁判で白鵬が証人として呼ばれるようなことになると・・・

(以下いんよう)
大相撲の幕内・貴ノ岩(28)が4日、秋巡業中だった昨年10月に横綱日馬富士(34、番付は当時、すでに引退)から暴行を受け負傷した傷害事件について、同氏に対して損害賠償を請求する民事訴訟を東京地裁に起こした。東京・霞が関の司法記者クラブで代理人弁護士が記者会見を開き事情を説明した。この訴訟の請求金額は2413万5256円としている。

 代理人弁護士によると、貴ノ岩とすでに引退している元横綱日馬富士の間で示談が成立せず、東京簡易裁判所に民事調停を8月に申し立てたという。その第2回調停期日が9月26日に設定されていたが、同弁護士側の主張では「当日になって日馬富士氏代理人が突然欠席すると通告された」ため、調停委員会が調停を不調として終わらせたとしている。

 代理人弁護士は「もはや話し合いによる紛争解決ができない」と判断し、東京地方裁判所に損害賠償請求の訴えを提起したと報告した。

 請求金額の内訳は以下の通り。

【積極損害】入院治療費用等 435万9302円

【逸失利益】

(1)給与差額 148万1840円

(2)懸賞金の逸失 900万円

(3)巡業手当の逸失 38万円

(4)退職時の幕内養老金等の減 172万円

(逸失利益の合計は1258万1840円)

【慰謝料】 500万円

【弁護士費用】 219万4114円
(中略)
 会見で対応した佐藤歳二弁護士は「向こうの言い分は当初、30万程度。(8月の)調停の申し立て時の正式な回答は50万でした」と大きな開きがあったと明かした。その上で「サラリーマンのけがでも同じだと思います。収入に影響があるようなけがをさせられたら逸失利益は当然のことだと思います」と主張した。
(後略)
(いんよう「Yahoo!ニュース」情報元「デイリースポーツ」)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000040-dal-spo


>> にほんブログ村 芸能裏話・噂

応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:芸能


JUGEMテーマ:スポーツ




2018.10.04 Thursday|-|-|-|-

インフォメーション1

  • スポンサードリンク

インフォメーション2