武漢ウィルス:危険!武漢と東京・大阪直行の空路・航路を開通!・・・検察庁法改正案の議論の裏で | 芸能ニュースで最前線!

information
武漢ウィルス:危険!武漢と東京・大阪直行の空路・航路を開通!・・・検察庁法改正案の議論の裏で | 芸能ニュースで最前線! 記事一覧

武漢ウィルス:危険!武漢と東京・大阪直行の空路・航路を開通!・・・検察庁法改正案の議論の裏で





安倍政権、日本を中国に売る!
現在、日本ではコロナウィルスのために非常事態宣言が出されて、日本中が苦しめられている中・・・
発生源の中国・武漢と東京・大阪間の直行便を空路・航路に開通するという報道がされています。

武漢は解放されたと一方的に報道されていますが、コロナウィルスは収まってないでしょ!

中国の報道では、武漢で再び集団感染が発生し感染は20人とか言われています。
ですが、少なくとも200人という報道が一部海外報道ではされています。想像するに実際はその100倍は発生しているんではないでしょうか?

そんな状況で早くも直行便開です。

これって日本の国民の安全より、中国を優先するということですか?
安倍政権は、いよいよとんでもないことになってきました。

ここ数日、国会とメディアでは、「検察庁法改正案の議論」に時間がさかれていました。
与党も野党もコロナを差し置いて議論していてあやしい感じでしたが、
・・・やはりその裏では、武漢から直行便です。この報道はありましたか?

すでに大阪に直行便が到着していると報道されています。
しかも関空に到着記録がない幽霊便となっているそうです。

欧米諸国・ロシア・インドなど世界中が中国を警戒し厳しく接しようとしている中、ぬけがけのように中国の都合のいいように動く日本政府では、世界での日本の立ち位置もかなり危なくなってしまいます。

(いんよう「Youtube」情報元「水間条項TV」)
https://www.youtube.com/watch?v=yVlLbjW2txI
(以下いんよう)
【CNS】10トン近い貨物を積み込んだ奥凱航空(Okay Airways)のフライトBK3209が10日午後、武漢天河国際空港(Wuhan Tianhe International Airport)から日本の関西国際空港へと飛び立ち、武漢と大阪を結ぶ定期空路が正式に開始した。9日には武漢と日本を結ぶコンテナ水上輸送の定期航路も始まった。

 武漢天河空港と関西国際空港の定期空路は奥凱航空が輸送を担い、機体は737-900を使用し毎週7フライト運航する。空路で輸送される貨物は現時点ではスクなどの感染症対策物資のほか、国際ネット通販の日用品や高精度設備や部品などだ。

 同空路は航空物流の「湖北機場集団航空物流」と国際ネット通販の「武漢大道衆採科技」の2社が提携し、この前に臨時チャーター便を共同運航したことをベースとして実現した国際定期航空貨物便だ。先月8日に営業を再開した武漢天河空港にとって、初めて就航した国際定期路線となった。5月末には、武漢と東京をつなぐ定期便が運航開始となる見込みだ。
(後略)
(いんよう「Yahoo!ニュース」情報元「CNS」)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200513-03282668-clc_cns-cn


>> にほんブログ村 芸能裏話・噂
応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:ニュース




2020.05.16 Saturday|-|-|-|-

インフォメーション1

  • スポンサードリンク

インフォメーション2