芸能ニュースで最前線!

information

安倍首相、平昌五輪開会式に出席!・・・帰ってくんな!



これではもたない!

媚韓侮日行為
安倍首相が、これまでのリベラル系総理に反発している自分の支持層の考えとは、真逆の行為へつっ走ろうとしています。

安倍首相もいよいよ焼きが回ってきたか!?
慰安婦合意の対応について抗議するにしても、開会式の前後でしっかりした会談なんかできるわけがない。それがわかっていないなら、退陣も近いか!?

(以下いんよう)
安倍晋三首相は24日、韓国で2月9日に行われる平昌冬季五輪開会式について「事情が許せば開幕式に出席したい」と述べ、出席する意向を表明した。首相官邸で記者団に語った。また、文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談も行うと表明した。慰安婦問題に関する日韓合意を批判する文大統領に合意履行を迫るほか、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対する国際的な圧力路線を継続するよう求める。

 首相は「首脳会談で日韓の慰安婦合意について日本の立場をしっかりと伝えていきたい」と語った。慰安婦合意は「最終的かつ不可逆的」だとする日本政府の立場を直接、文氏に伝える考えだ。また、「北朝鮮の脅威に対応するために日韓米でしっかり連携し、圧力を維持していく必要性を伝えていきたい」とも語り、平昌五輪に参加する北朝鮮に韓国政府が融和的になっていることへの日米の懸念を伝える意向だ。
(後略)
(いんよう「Yahoo!ニュース」情報元「毎日新聞」)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-00000016-mai-pol


>> にほんブログ村 芸能裏話・噂

応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:ニュース


JUGEMテーマ:スポーツ




2018.01.24 Wednesday|-|-|-|-

安倍晋三首相、平昌五輪に出席!・・・支持率急落確実!?



とんちんかん!

あ〜〜〜あっ!
笑っちゃいますねえ!
韓国になめられるだけでしょ。

ある部分、安倍さんが首相でないといけない部分もあるけど・・・
メリットとデメリットを比べて、そろそろ安倍さんの限界が近くなってきたかもしれません。

目立ちたいだけらしいけど、出席しない方が目立つと思いますけど、誰に対して目立ちたいんでしょうか?
森友学園や加計学園問題どころではなく、支持層から反発を食らうことが分からなくなってきている!


(以下いんよう)
驚いた。
そして思わず笑ってしまった。
きょう1月24日の産経新聞が一面トップで大スクープした。
なんと安倍首相が平昌五輪の開会式に出席するというのだ。
産経新聞とのインタビューで明らかにしたという。
本当だろうか。

そう思っていたら、早朝6時のNHKがトップニュースで流した。
政府は安倍首相が平昌五輪出席に出席する方向で最終調整に入ったと。
これで決まりだ。

それにしても、私の見立てはいつも当たるとは言っても、これほど見事に的中した事はない。
しかし、私が特別の才能があるわけではない。
これまでの安倍首相の言動を見ている者なら、誰でもわかることだ。
要するに目立ちたいのだ。
参加したくて仕方がなかったのだ。

言ってることと、やっている事が支離滅裂なのだ。

自らの政策が何もないのだ。
外交的に見ても、安倍首相が出席しなければいけない理由はどこにもない。
中国ははやばやと代理出席を明らかにして韓国と北朝鮮に政治的メッセージを送っているし、プーチン大統領も出席しないだろう。

米国はペンス副大統領が出席することが決定している。

そうであれば、日本はペンス副大統領の相手であり、そのペンス大統領と親しくしてきたの麻生副総理の開会式出席が妥当だ。

外交的にも副総理を出席させることで十分に韓国に義理立て出来る。
それなのに、なぜわざわざ安倍首相が出席するのか。
しかも開会式に合わせて出席するのか。
何でも自分がやって、自分が目立たないと気が済まないからだ。
だったらはじめから行きたいと言えばいいのだ。

しかし何と言っているのか。
日韓合意を守れと文在寅大統領に直談判するという。
北朝鮮への圧力を乱すなと文在寅大統領にくぎを刺すという。
笑止千万だ。
(後略)
(いんよう「livedoorニュース」情報元「blogos」)
http://blogos.com/article/273047/



>> にほんブログ村 芸能裏話・噂

応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:ニュース



JUGEMテーマ:スポーツ




2018.01.24 Wednesday|-|-|-|-

NHK紅白、視聴率39.4%の大コケ!・・・これで歌番組!?



浅田真央強し?

騒ぎ過ぎ!?
安室奈美恵のラスト紅白などの効果で、事前予想50%超えといわれたり、放送後もいい紅白だったとやたら報道されていましたが・・・

前半視聴率:35.8%
後半視聴率:39.4%
前半は低かったですが、例年とそれほど変わらず。
後半は、安室奈美恵、桑田佳祐を投入しながらこの視聴率ですから、かなり紅白離れは進んでいるようです。

芸人は多いし、歌以外のネタが多すぎて、単なるお祭り騒ぎにしか思えない。
ちゃんと歌を聴かせるべきでは?

あっ、もう手遅れでしょうか?
すでにNHK紅白を観ないで、裏番組を観るパターンが根付いてしまっているかも?

管理人も、後半は完全に観なかったです。「浅田真央ちゃんのスケート」他を観ていました。・・・これをNHKは言い訳にするかも?

(ちなみに、1月4日のプロレス生中継が楽しみです!)
(以下いんよう)
昨年大みそかに放送された「第68回NHK紅白歌合戦」(後7・15〜11・45)の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が前半(第1部)は35・8%、後半(第2部、後9・00)は39・4%だったことが2日、分かった。今年9月に引退する安室奈美恵(40)のラスト紅白など話題は多かったが、後半は40%の大台に届かず。2部制になった1989年以降、2015年の39・2%、04年の39・3%に次ぐ歴代ワースト3位となった。

 15年の後半は2部制になった89年以降、歴代最低の39・2%。16年は1・0ポイント上昇し、40・2%と2年ぶりに大台に回復。しかし17年は0・8ポイント減少し、39・4%。2年ぶりに40%の大台を割った。後半の40%割れは5回目。

 前半は、15年=34・8%→16年=35・1%→17年=35・8%。前年から0・7ポイント上昇した。

 安室は特別枠で14年ぶりに出演。リオ五輪・パラリンピックのNHKテーマソング「Hero」を披露し、テレビ生歌唱は7年ぶりとなった。同じく特別枠の桑田佳祐(61)は年越しライブ会場の横浜アリーナから中継を結び、昨年前期の連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌「若い広場」を熱唱。「ひよっこ」紅白特別編、短編ドラマが2本放送され、桑田は昭和の大作曲家・浜口庫之助を演じた。

 ほかにも、X JAPANのYOSHIKI(年齢非公表)が昨年5月の首の手術以来、封印していたドラムプレーを解禁。欅坂46と総合司会のウッチャンナンチャン・内村光良(53)の共演パフォーマンスの最後に、欅坂センターの平手友梨奈(16)志田愛佳(19)鈴本美愉(20)が軽い過呼吸のような状態になるハプニングがあった

 紅組のトリは石川さゆり(59)が2年連続8回目、大トリはゆずが初の大役を務め、石川は「津軽海峡・冬景色」、ゆずは「栄光の架橋」を熱唱した。
(後略)
(いんよう「Yahoo!ニュース」情報元「スポニチアネックス」)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00000052-spnannex-ent


>> にほんブログ村 芸能裏話・噂
応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:芸能



JUGEMテーマ:ニュース




2018.01.02 Tuesday|-|-|-|-

NHK青山祐子アナ、6年間産休中!・・・それって一部でも給料あり?



NHKの常識なんでしょうか?

連続産休!?
NHKの青山祐子アナは、2011年に一般男性と結婚し、2012年1月20日の放送出演からずっと産休だそうです。それで今春第4子を出産して産休中ということですから、2012、2013、2014,2015,2016で、2017年春ですから、4人をほぼ連続で出産・育児のため連続産休中ということでしょうか?

想像を絶する高待遇にみえます?
これってNHKの常識なんですかね。

これで一部でも給与が払われ(有給扱い)だとしたら・・・唖然・騒然です!
「民間ではありえない」
「民間なら病気でも6年間も休めないじゃないでしょうか」

(以下いんよう)
フジテレビ系「バイキング」(月〜金曜・前11時55分)のコメンテーターなどで活躍するタレントのフィフィ(41)が27日、自身のツイッターを更新。今春に第4子出産したNHKの青山祐子アナ(45)が約6年間産休を取っていることに疑問を呈し、フォロワーの反響を呼んでいる。

 青山アナは11年に一般男性と結婚。12年1月20日放送の「スタジオパークからこんにちは」出演を最後に産休に入り、今春には第4子を出産。現在も休暇中となっている。

 フィフィは青山アナに関連するニュースをツイッターに貼り付けた上で、「批判覚悟で言うが、これが民間ならご自由に。でも受信料を徴収するNHKで、こんな長期産休中に一部給与が支払われ続けてるとすれば、それって報酬としてなの?」とツイート。そして「まさか子育て支援?って、その目的によっては頭を傾げたくなる」と続けた。
(後略)
(いんよう「Yahoo!ニュース」情報元「スポーツ報知」)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000056-sph-ent



>> にほんブログ村 芸能裏話・噂

応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:ニュース


JUGEMテーマ:芸能


2017.12.27 Wednesday|-|-|-|-

日馬富士事件:「貴ノ岩に被害者感情なし」報道?・・・よく言えたもんです!



誰が言ってんの・・・

自分だったらどうなんだ!
「貴ノ岩に被害者感情なし」、貴乃花親方が自分の野望のために・・・と報道されています。

自分に置き換えて考えたら、わかるでしょうに?
被害者感情あるに決まってるでしょ!・・・痛いし、辛いし、先行き不安だし・・・

貴ノ岩は、いままで入院していたようです。頭を割られて切れた部分はふさがったらしいですが、頭蓋骨と脳の間に血だまりができて、頭蓋骨に穴をあけてそれを抜く手術をうけたという報道もあります。

耳の奥の小さな骨が折れているらしいです。
耳の聞こえも悪いし、耳の具合がわるいと「平衡感覚」に影響してふらつくんです。これは経験されている方も多いんではないでしょうか。

こんな状態で相撲の稽古もできないし、本場所などとても出れない。待っているのは番付けの大幅降格です。救済措置の話はまったくなし。

これでは引退の2文字がちらつきます。しかし、関取(十両以上?)で30場所以上在位していないと相撲界に残れないらしいですが、貴ノ岩は現在15場所ということで足りません。ですから引退したら相撲界に居場所はないんです。

こんな状態の貴ノ岩の面倒を今後誰がみるんですか。
日馬富士や白鵬が一生面倒をみてくれるんですかね。

貴乃花親方は、自分が生きている限り一生面倒を見るんじゃないですか。

「警察関係者が声をひそめて」とか報道されているが、警察関係者が個人的感情を外部の人間にもらすんでしょうか?

(以下いんよう)
依然として貴ノ岩(27)の聴取を拒否している貴乃花親方(45)。その裏側でとんでもない情報が飛び込んできた。

 警察関係者が声をひそめてこう言う。

「今回の騒動は貴ノ岩が日馬富士に殴られて、師匠である貴乃花親方が鳥取県警に被害届を提出したことから始まった。貴乃花親方の怒りはすさまじく、県警にも『何を言われようが弟子を守る』と憤っていた。ところが、県警が貴ノ岩を聴取したところ、どうも話が噛み合わないというんです。貴ノ岩は被害者のはずなのに、日馬富士に対する恨みつらみはほとんど聞かれなかったとか。捜査員も、少なくとも本人に被害者感情はなさそうだと思ったらしく、貴乃花親方との温度差に困惑したと聞きます

■言動すべて矛盾

 貴乃花親方は13日も相撲協会からの出頭要請に応じず、危機管理部長の鏡山親方(元関脇多賀竜)の訪問も無視。当初は警察の捜査後なら貴ノ岩の聴取に応じることに同意しながら、協会側に「警察と検察を聞き間違えた」と伝えるなど、まるで子供のような言い訳で逃げ回っている。

 それもこれも、貴ノ岩に被害者感情がないとすれば、すべて腑に落ちる。そもそも、貴ノ岩と日馬富士の関係は良好。事件直後の鳥取巡業で両者が握手をしていたのは、多くの力士や関係者が目撃している。貴ノ岩自身も師匠の方針とは裏腹に、あくまでモンゴルコミュニティーの一員という意識が強いという。警察の聴取に「恨みつらみを言ってない」ということは、それらがすべて事実だという裏付けになる。

 もし、貴ノ岩が協会の聴取に本心を明かせばどうなるか。これまで貴乃花親方は散々、被害者だ、公正な裁きを、と主張し、「弟子を守る」とも言ってきた。だが、フタを開けてみれば拳を振り上げているのは師匠だけ。それどころか、貴ノ岩を師匠とモンゴル勢の間で板ばさみに追い込み、苦しめているのは貴乃花親方自身ということになる。これまでの言動すべてに矛盾が生じるのだ。

 だからこそ、貴乃花親方は弟子の聴取をかたくなに拒否している。貴ノ岩には「同郷の横綱に殴られ、今もなお、心身ともに苦しんでいる被害者」でいてもらわなければ、都合が悪いのだ。
(後略)
(いんよう「livedoorニュース」情報元「日刊ゲンダイDIGITAL」)
http://news.livedoor.com/article/detail/14032259/


>> にほんブログ村 芸能裏話・噂

応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:ニュース


JUGEMテーマ:スポーツ


JUGEMテーマ:芸能


2017.12.15 Friday|-|-|-|-

インフォメーション1

  • スポンサードリンク

インフォメーション2

Copyright © 芸能ニュースで最前線! All Rights Reserved.