ニュース・記事 | 芸能ニュースで最前線!

information

築地市場閉鎖で、1万匹のネズミたちが銀座を襲う?・・・移転まであと3週間



おそろしい物を見るかも・・・

子ネコほどの大きさのネズミ!
東京都中央区築地市場は豊洲に移転し、10月6日に閉鎖され、10月18日から解体工事が始まるそうです。

ですがここにきて、周辺、特に銀座の街は戦々恐々としているとか?

広い築地市場で身をひそめ安定した餌場だったところがなくなり、解体工事で居場所もなくなったら、ネズミは大騒ぎで新たな餌場と住処を求めて移動すると思われるからです。

1匹、2匹でも大変なのに、恐怖の1万匹です!

東京都では、ネズミの一斉駆除は計6回を予定、すでに2回実施してそれぞれ約700匹ずつ駆除したといいます。同じペースだとあと4回で計2800匹。残りは・・・

ていうか、ネズミだけじゃなくて、ゴキブリも相当いるでしょ。
その駆除・対策はできているんでしょうか?

駆除できていないかぎり、ネズミもゴキブリも住処をかえるだけですよね。

(以下いんよう)
10月6日に閉鎖される築地市場には、推定1万匹のネズミが生息している。解体工事が始まれば、正門は開けっ放し。それはネズミたちの大脱出が始まる合図でもある。本日発売の週刊現代では、東京都を襲うネズミ大繁殖の恐怖を報じている。
銀座の街で大繁殖

東京都中央区築地市場からわずか1km足らず。東銀座にあるインド料理専門店『ナイルレストラン』オーナーのG・M・ナイル氏はこのところ、銀座の街の異変を感じ取っていた。

ナイル氏が語る。

「最近、立て続けに子ネコほどの大きさのネズミを見かけました。飲食店の多い銀座7丁目や8丁目でも、何度もネズミを見ています。冬でも暖かい下水道があり、残飯などで食べ物も豊富な現在の銀座は、ネズミにとって繁殖に適した環境になっているのです。

10月6日には築地市場が閉じられようとしています。あそこには大量のネズミがいる。それらが逃げ出して大繁殖したら、銀座の街はパニックになるでしょう。そのうえ、赤坂や六本木、丸の内など、他の繁華街にも拡大しかねません」

ナイル氏の心配は大げさなことではない。

閉鎖された築地市場は10月18日から解体工事が始まるが、隣接する銀座をはじめとする周辺住民や店舗関係者からは、ネズミの大脱出に不安の声が相次いでいる。
(後略)
(いんよう「livedoorニュース」情報元「週刊現代・現代ビジネス」)
http://news.livedoor.com/article/detail/15336535/


>> にほんブログ村 芸能裏話・噂

応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:ニュース




2018.09.23 Sunday|-|-|-|-

コロンビアは、公式に謝罪しないと、相当怒りをかっていますよ。・・・いい加減にしろ!



最悪な国・・・

日本はまさか、こんな国に経済援助してないですよね?
今度は、「“ニッポン”が侮蔑語と似てる」という報道ですか。
それがどうした!だから日本人を侮辱してもいいのか?

何の言い訳報道ですか?

日本人は、一般的に嘘つきと下品な発想をする人は軽蔑します。

いい加減にしないと、コロンビア人はそういう人たちだと記憶されてしまいますよね。

これで、コロンビアとコロンビア人の印象が悪くなったことは確実です。

(以下いんよう)
コロンビアサポーターの男性が、試合後2人の日本人女性と一緒に自撮り動画に収まり「日本2(点)、コロンビア1(点)」と言わせたあとに、「私はメス犬です、私はいい〇〇〇です」と続かせた動画に批判が殺到し、炎上状態となりコロンビア外務省がその行動を非難するとともに、同国のサポーターに「敬意のある行動を取るように」と呼びかける事態となった。

◆動画騒動の前日に、思い当たるフシが…

 このニュースを現地ロシアで知って、記者にも思い当たるフシがあった。それは試合前日、サランスクのパブリックビューイング会場で他チームの試合をビールをすすりながら見ていたときだ。

 先の記事にも書いたが、コロンビア人だが、現在婚約者がオーストラリア人で、オーストラリアに住む女性から話しかけられたときのこと。彼女はオーストラリア暮らしが長く、英語が堪能で、日本にも何度か観光に行ったことがあるらしく「飛騨高山が本当にステキ」と日本人に大変好意的な女性であった。

 コロンビアサポーターの「コロンビア3(トレス)、ハポン0(ゼロ)」攻撃をあしらい続けてきた記者にとって、サッカー以外の話で(しかも英語で)コミュニケーションが取れることが嬉しく、しばらく話し込んでいた。女性は「日本人に親切にされたから、ビール奢るね!」と言って一杯奢ってくれるほどの親日家だった。

「“ニッポン”の発音は“〇〇〇”と聞こえない?」

 すると、コロンビアのジャージを着た、スラッとした男性が私達の輪に入ってきて、英語で自己紹介を始めた。アメリカに住んでいるという男性はこちらも大変流暢な英語を話す。

 女性が「オーストラリアでの日本との試合を見たことがある。日本の応援の歌が何と言っているかわからないから教えて」と聞いてきたので、オーソドックスな日本代表のチャント(応援歌)を教えた。「なんで、イタリア語とかスペイン語が入っているの?」という質問にはタジタジになりながらも丁寧に応え、男性からの疑問にも答えた。
(後略)
(いんよう「livedoorニュース」情報元「日刊SPA!」)
http://news.livedoor.com/article/detail/14904704/


>> にほんブログ村 芸能裏話・噂

応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:ニュース



JUGEMテーマ:スポーツ




2018.06.23 Saturday|-|-|-|-

安倍首相、何の言い訳!?北非核化で「日本が費用負担するのは当然」・・・退陣!?



北は独裁・・・

こりゃあ、だめだ!退陣かも!
北朝鮮の非核化のための費用として・・・

まず、非核化のための「国際原子力機関(IAEI)による査察の費用」を負担するのを、今の段階で日本が表明するのはおかしいでしょ。これはアメリカがメインで負担すべきでしょう。これでは日本が全部負担するという感じになってしまいます。

出す気満々!?

次に、北朝鮮に金を出すというようにもとれます。
これだと安倍首相も、いよいよやきがまわってきたとうことになります。

核・ミサイル・拉致完全解決、国交正常化しないかぎり援助しないはずです、明確に表現しないとそれを変える予防線・前振りともとられかねません。

傭兵をやとって、北朝鮮を壊滅さたほうがよっぽど安上がりで確実かも・・・
ただ9条と傭兵を使いこなす能力があるかどうか?
国民は2019年10月から消費税10%です・・・しかも移民解禁並みに外国人労働者を入れようとしています(10年ではほぼ移民でしょ)。

TV・マスコミの表現のしかたも問題がありそうなので、日本もフェイク・ニュース(印象操作も)もありという気持ちでは観る必要はありますが。

(以下いんよう)
安倍首相は16日午前、読売テレビの番組に出演し、米朝首脳会談で合意された朝鮮半島の完全な非核化について、国際原子力機関(IAEA)による査察が必要だと指摘した上で、非核化費用の負担を検討する考えを明らかにした。

 首相は「核の脅威がなくなることによって平和の恩恵を被る日本などが、費用を負担するのは当然」と語った。「拉致問題が解決されなければ経済援助は行わない」とも述べ、経済援助と非核化費用の負担は区別して考える意向も示した。その上で拉致問題の解決に向け、「最終的に私自身が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と日朝首脳会談を行わないといけない」との決意を改めて表明した。

 9月の自民党総裁選に関しては「まだまだ、やるべきことがたくさんある。私自身の手で解決したい」と強調し、連続3選に意欲を示した。出馬表明の時期は「セミの声が相当にぎやかになってきた頃」になるとした。
(いんよう「Yahoo!ニュース」情報元「読売新聞」)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00050046-yom-pol



>> にほんブログ村 芸能裏話・噂

応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:ニュース




2018.06.16 Saturday|-|-|-|-

北朝鮮復興ビジネス440兆円に日本は蚊帳の外!?・・・関わらない方がいいのでは!



復興の意味がおかしい・・・

何からの復興ですか?
蚊帳の外でいいですから・・・

嘘をつき、約束を守らない国とビジネスを組んでもろくなことにはなりません。
代金を支払ってもらえないです。ホテル代金もたかる国が・・・
だいたいその440兆円はどこから出るんですか?・・・日本は絶対出すべきではありませんよね。核を手放すわけがない。

河野太郎外相については文春に似たような内容のことが書いてあったけど、本性が表れてきたか・・・

戦後賠償なんか拉致問題が解決してないのに、なしです。
出したら安倍政権、自民党崩壊です!
そんな金をだすなら、傭兵部隊を雇って奪還作戦です。(ただ問題は9条)・・・その方がはるかに安上がりです。

そもそも名称自体がおかしいでしょ?「北朝鮮の復興」って、何からの復興ですか?
もとはよかったけど壊滅したから復興でしょう。もとはどうなの?
独裁からの復興ですか?人権無視の独裁はそのままですよね。

(以下いんよう)
「最大限の圧力」から一転、何とか擦り寄ろうと必死らしい。地球儀俯瞰外交の惨めな正体見たりだ。河野太郎外相はきのう(5日)、6〜9日の日程で米国を訪問すると発表。12日の米朝首脳会談前に開かれる予定の日米首脳会談(7日)に安倍首相と同席する考えを示した。首相、外相の2人が出席することで、米国に対して北朝鮮の非核化や拉致問題の早期解決を強く訴える狙い――などと報じられているが、冷静に見れば「蚊帳の外」に置かれた日本が焦りまくっているようにしか見えない。

「韓国レベルの繁栄を達成できるよう協力する」。米朝首脳会談を控えた米国が北に対して盛んに呼び掛けているのが、核放棄の見返りとしての経済発展の可能性だ。

「米国の民間企業がエネルギー供給網の整備を手助けできる」(ポンペオ米国務長官)

「できるだけ早期に北朝鮮に対して貿易や投資を開放する準備ができている」(ボルトン大統領補佐官)

 米国は第2次大戦後、被災した欧州諸国の経済復興を支援するために「マーシャル・プラン」を打ち出した。北に対しても「インフラ」「エネルギー」「農業」の3つの柱を軸に「北朝鮮版マーシャル・プラン」を検討しているとされる。北が経済復興で繁栄を実現し、国民1人当たりのGDP(国内総生産)が韓国と同水準になったと仮定した場合、復興需要は10年間で約4兆ドル(約440兆円)が見込まれるという。米国の狙いが、この巨額の復興利権にあるのは間違いない。
(中略)
「米経済誌フォーチュンと英ユーライゾン・キャピタル研究所の共同分析によると、北が核放棄の見返りに要求する経済支援の金額は2兆ドル(220兆円)とも試算されている。米国は負担する気はなく、韓国や中国、ロシア、日本などで分担すると言われているが、中国や韓国などは復興ビジネスに食い込めるからまだしも、日本はカネを払ってオシマイになる」(外務省担当記者)
(後略)
(いんよう「livedoorニュース」情報元「日刊ゲンダイDIGITAL」)
http://news.livedoor.com/article/detail/14828147/



>> にほんブログ村 芸能裏話・噂
応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:ニュース




2018.06.07 Thursday|-|-|-|-

正恩氏、1泊65万円スイート希望!・・・経済制裁で困窮、宿泊費用も出せない!



屈辱です・・・

国家としては恥さらし
シンガポールで6月12日に開催される米朝首脳会談に関連して、
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長御一行様が1泊65万円スイート希望しているらしいです。
希望・・・つまり自分たちでは費用を出さない。出してちょうだい。

しかし費用を他国が負担したら国連の制裁措置違反になってしまうので、米国側担当者にとっての「難問」になっているらしいです。

北朝鮮の大使館があったんじゃなかった?・・・兄の暗殺事件で大使館が閉鎖されたんでしたか?

ホテルの宿泊費用も出せないくらに、経済制裁が効いていて困窮しているんですかね?

しかし実際、費用がなければ現実的には中国か韓国からないしょで借りるはずですから、これは「経済制裁が効いている」という演技かもしれません?

どちらにしても「国家」としては恥さらし!
この記事が報道された時点ですでに「屈辱的」。

(以下いんよう)
12日の開催が決まったシンガポールでの米朝首脳会談で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長一行の宿泊費用の負担方式が、現地で調整を続ける米国側担当者にとっての「難問」として浮上している。米紙ワシントン・ポスト(電子版)が関係者の話として伝えた。

 同紙によると、北朝鮮側が希望する五つ星ホテルの大統領クラスのスイートルームは1部屋1泊6000ドル(約65万円)以上で、外貨不足に悩む北朝鮮は関係国による支払いを要求しているという。

 米国が北朝鮮分の費用を肩代わりすることもできるが、北朝鮮側がそれを「屈辱的だ」と受け取る懸念があり、米国側はホスト国のシンガポールに北朝鮮代表団分の支払いを要請することも検討している。

 ただ米財務省の関係者は、北朝鮮の支払いを他国が肩代わりする場合、同省の北朝鮮への制裁措置に違反する恐れがあるとして、制裁の適用を一時的に停止する必要性も指摘しているという。
(後略)
(いんよう「Yahoo!ニュース」情報元「毎日新聞」)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-00000041-mai-int



>> にほんブログ村 芸能裏話・噂
応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:ニュース




2018.06.02 Saturday|-|-|-|-

インフォメーション1

  • スポンサードリンク

インフォメーション2

Copyright © ニュース・記事 | 芸能ニュースで最前線! All Rights Reserved.