ニュース・記事 | 芸能ニュースで最前線!

information

安田純平、シリア拘束に自作自演疑惑浮上!?・・・なんで元気なの?



ドン引き・・・

3年間拷問?
最近では北朝鮮に拘束されていて解放されたアメリカの青年が思い浮かぶが・・・
拷問で心身ともに痛めつけられ、帰国後なくなっている。

それ以前でも、中東でテロリストに拉致され、身代金を要求したが果たせず、殺害された日本人も3人はいました。生きたまま首を落とされた人もいたはず。

テロリストが3年間もなぜ生かしておく必要があった?

なんでこの安田という人は、心身ともに無事で生きて帰れたんでしょうか?
(以前もふくめると、5回も誘拐・拉致され、そのたびに無事に帰ってきているらしいです。)

しかも今回すたすたと歩いて帰りの飛行機に向かい、飛内でインタビューを受け・・・

「日本に帰ったらうまいもんが食べたいですね!」

・・・ドン引きしました!?

これが本当に、劣悪な環境に3年間拘束され、満足な食事も与えられず拷問に耐えた人の姿・対応だろうか?ボロボロの姿になり精神でも病んでいるのかと思っていました。

テロリストが3年間意外と大事にしてくれたんですかね。
でも以前は、生きたまま殺害してるし・・・いいテロリストだったのか?

逆の意味で想像を絶する姿です!

日本の警察に事情聴取されるそうですが、そのあたりのことをきちんと追及してもらいたいものです。

(尚、カタールはテロリスト集団「ヌスラ戦線」へ3億円を払ったと思います。今回どちらも否定するでしょうが。その方が都合がいいから。)

(以下いんよう)
(前略)
・批判の矛先である日本政府に助けられた
安田純平氏の命が助かったことはなによりも嬉しいことだが、日本国内では歓迎ムードとはなっていない。安田純平氏は以前から日本政府を批判し続けており、批判の矛先である日本政府に助けられた安田純平氏に日本国民の多くが怒りの声を上げているのだ。

・安田純平氏の拘束に関与していない
しかし、ここにきて新たな疑惑が浮上し、物議を醸している。安田純平氏を拘束していたヌスラ戦線は現在「タハリールアルシャーム機構」(HTS)と名称を変えて活動しているのだが、安田純平氏の解放に関してHTSが「安田純平の拘束に関わってないし、解放されたニュースはテレビを見て初めて知った」という内容のコメントを発表。拘束したと報じられているテロリスト集団が安田純平氏の拘束に関与していないというのである。

・身代金を得るための自作自演疑惑
HTSが嘘をついている可能性もあるが、同時に浮上しているのが「安田純平のシリア拘束は自作自演だった」という疑惑である。以前から日本政府を批判している安田純平氏の性質もあいまって、身代金を得るための自作自演だったのではないかと疑われているのだ。
(後略)
(いんよう「5ちゃんねる」情報元「バスプラスニュース」)
http://buzz-plus.com/article/2018/10/25/terrorist-do-not-know-yasudajunpei/

関連記事:
安田純平拘束は、「地獄だった」のか、「お客様だった」のか?・・・山分け???
安田純平解放、「カタールが身代金3億円支払い」・・・最悪の前例になるかも?

>> にほんブログ村 芸能裏話・噂
応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:ニュース




2018.10.26 Friday|-|-|-|-

安田純平解放、「カタールが身代金3億円支払い」・・・最悪の前例になるかも?



これって英雄なの?国際社会の考え方に逆行・・・

いったん代わりに払うから・・・
カタールが身代金300万ドル(約3億3700万円)を支払ったと主張した。

カタールは今後の日本に見返り(経済援助など)を期待しているんでしょう。

ですが、世界の「テロ組織への身代金支払いしない」という共通認識はないがしろにされたことになります。カタールが「人命救助への貢献を国際社会にアピール」と考えるのは大きな間違いです。逆に国際社会の批判を浴びそうです!

日本政府はカタールに援助するべきではありません。

これが前例になって日本は支払わなくても、他国(第三国)が代わりに支払うと思われて、今後ますます身代金目的の日本人誘拐が増えてしまう。

さらにこれを、「英雄として迎えないでどうする」とか言っている人がいる。
これはいかがなもんでしょうか?

(以下いんよう)
シリア内戦を調査している在英の民間団体「シリア人権監視団」のラミ・アブドルラフマン代表は23日、読売新聞の取材に応じ、ジャーナリストの安田純平さんとみられる人物が解放されたことについて、カタールが身代金300万ドル(約3億3700万円)を支払ったと主張した。

 アブドルラフマン代表は、複数の信頼できる情報筋から得た情報とした上で「カタールは、日本人の人命救助への貢献を国際社会にアピールするためだった」と話した。「日本政府はテロ組織への身代金支払いは拒否した」とも指摘した。

 安田さんは2015年、シリア北西部イドリブ県で当時のヌスラ戦線に拘束された後、別の過激派組織に引き渡されたとみられる。イドリブ県の反体制派組織と関係の深いカタールとトルコが交渉し、19日頃に解放が決まったという。
(いんよう「livedoorニュース」情報元「読売新聞」)
http://news.livedoor.com/article/detail/15492294/

関連記事:
安田純平拘束は、「地獄だった」のか、「お客様だった」のか?・・・山分け???
安田純平、シリア拘束に自作自演疑惑浮上!?・・・なんで元気なの?

>> にほんブログ村 芸能裏話・噂
応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:ニュース




2018.10.24 Wednesday|-|-|-|-

前澤社長のZOZO、株価が急落!?・・・崖っぷちか?



ZOZO

半値八掛け二割引き
あの前澤友作氏率いるZOZO(スタートトゥデイから社名変更)の株式が急落しています。
7月18日に4875円の高値をつけ、10月9日現在3080円。
かなりの資産は株式でしょうから、資産も相当減額しているはずです。

次の節が2700円くらい。半値がすぐそこなのがかなり気になる。
そうなると、半値2438円、八掛け値1950円、二割引き1560円。

女優とお付き合いし、月にも行きそうということで、ソフトバンクの孫さんやトヨタの豊田さんをうらやましがらせていましたが・・・

これまでのITカリスマ社長たちは、いくつもの崖っぷちを乗り越え生き残った人たちです。前澤社長もここを乗り越えることができるのか?

会社はつぶれることはないでしょうが、経営権を失って普通の人になる可能性はけっこうありえます。

(以下いんよう)
機関投資家たちが「ZOZO売り」を加速させるワケ

 ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』を率いる前澤友作氏といえば、いまや日本を代表するカリスマ経営者として知られる。

 最近ではアメリカのカリスマ経営者イーロン・マスク氏が経営するSpaceXと契約したことを突如発表、民間人として初めて「月に行く」として世界中の度肝を抜いたばかり。

 10月4日には、自身のツイッターで個人としての国内での納税額が「70億円」になる予定だとみずから暴露するなど、相変わらず派手な話題を振りまいているが、じつはそのウラで率いる会社の株価下落が止まらない「異常事態」が起きていることをご存じだろうか。

 10月1日に社名をスタートトゥデイからZOZO(3092)に変更した同社の株価を見てみると、確かに今夏には5000円近くあった株価がいまや3000円台前半…。

 7月18日には4875円の高値をつけていたところ、直近10月5日には3215円まで落ち込んでおり、この2ヵ月半で約35%も株価が急落しているかたちである。

 株価下落の直接的な引き金となったのは、ZOZOが発表した18年4-6月期決算。

 成長著しいZOZOだけにマーケットの期待感が高まっていたところ、いざフタを開けてみると「本業の儲け」を示す営業利益が26%もの大幅減益(前年同期比)であることが判明。これまでZOZOの成長を信じてきた機関投資家たちが、突然のネガティブサプライズに慌てて、一斉に「ZOZO売り」を加速させたのだ。

 「さらに、投資家たちを不安視させているのが、前澤社長が乾坤一擲の勝負を賭けているプライベートブランド商品『ZOZO』の動向です」(財産ネット企業調査部長の藤本誠之氏)

 顧客が自分のスマホなどを使って採寸できる「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」を無料配布して、一人ひとりの体型に合ったプライベート商品を販売するのがプライベートブランド『ZOZO』のビジネスモデル。
(中略)
 ZOZOはZOZOSUITの配布をさらに増やしていく意向だが、目下の物流費の高騰からコスト懸念も高まってきた。

 こうした事態を受けて、ZOZOの目標株価を引き下げる大手証券も出てきた。
(後略)
(いんよう「Yahoo!ニュース」情報元「現代ビジネス」)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00057872-gendaibiz-bus_all


>> にほんブログ村 芸能裏話・噂

応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:ニュース


JUGEMテーマ:芸能




2018.10.09 Tuesday|-|-|-|-

貴乃花親方、一門所属義務付け秋場所序盤まで知らされず!?・・・追放工作か?



イジメ包囲網

陰湿協会
テレビなどの情報では、確かに秋場所前までは、これから弟子の数も増やしてとか、言っていたとか・・・

それが場所後まもなく、25日に引退届提出ですから、秋場所中に何かあった、貴乃花親方を追い込むことがあったことは想像できます。

一門所属義務付け:7月下旬理事会決定 
秋場所は9月9日から9月23日の15日間
9月27日の所属を決めるまでの猶予期間・・・
他の親方:2ヶ月と少し
貴乃花親方:2週間程度(しかも電話で連絡がなければ、もっと短かかった)

「話し合ってほしかった」「話し合ってほしい」というコメンテーターがいますが、そんなレベルじゃないですよね。
情報を流さない、知らせないというのは完全なイジメパターンですね。

(以下いんよう)
(前略)
 協会は7月下旬の理事会で、全ての親方や力士は9月27日の理事会までに5つある一門のいずれかに所属しなければならないと決定した。協会から各一門に助成金が支給されている以上、無所属の親方が複数いるのは体裁が悪いとの理由だった。一門所属を義務づける決定は公表されず、各一門代表の理事から親方衆に通達されただけ。貴乃花親方がこの事実を知ったのは、今月の秋場所序盤としている。電話で伝えた中堅親方は「彼(貴乃花親方)には何も情報が入っていない。“本当ですか?”と驚いていた」と明かした。

 協会は「圧力」の事実を否定したが、無所属のままならば部屋閉鎖や一代年寄剥奪とする案もささやかれており、あらゆる条件を付けて「追放工作」を図ったようにも映った。
(いんよう「livedoorニュース」情報元「スポニチアネックス」)
http://news.livedoor.com/article/detail/15357413/


>> にほんブログ村 芸能裏話・噂

応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:スポーツ


JUGEMテーマ:ニュース


JUGEMテーマ:芸能




2018.09.26 Wednesday|-|-|-|-

築地市場閉鎖で、1万匹のネズミたちが銀座を襲う?・・・移転まであと3週間



おそろしい物を見るかも・・・

子ネコほどの大きさのネズミ!
東京都中央区築地市場は豊洲に移転し、10月6日に閉鎖され、10月18日から解体工事が始まるそうです。

ですがここにきて、周辺、特に銀座の街は戦々恐々としているとか?

広い築地市場で身をひそめ安定した餌場だったところがなくなり、解体工事で居場所もなくなったら、ネズミは大騒ぎで新たな餌場と住処を求めて移動すると思われるからです。

1匹、2匹でも大変なのに、恐怖の1万匹です!

東京都では、ネズミの一斉駆除は計6回を予定、すでに2回実施してそれぞれ約700匹ずつ駆除したといいます。同じペースだとあと4回で計2800匹。残りは・・・

ていうか、ネズミだけじゃなくて、ゴキブリも相当いるでしょ。
その駆除・対策はできているんでしょうか?

駆除できていないかぎり、ネズミもゴキブリも住処をかえるだけですよね。

(以下いんよう)
10月6日に閉鎖される築地市場には、推定1万匹のネズミが生息している。解体工事が始まれば、正門は開けっ放し。それはネズミたちの大脱出が始まる合図でもある。本日発売の週刊現代では、東京都を襲うネズミ大繁殖の恐怖を報じている。
銀座の街で大繁殖

東京都中央区築地市場からわずか1km足らず。東銀座にあるインド料理専門店『ナイルレストラン』オーナーのG・M・ナイル氏はこのところ、銀座の街の異変を感じ取っていた。

ナイル氏が語る。

「最近、立て続けに子ネコほどの大きさのネズミを見かけました。飲食店の多い銀座7丁目や8丁目でも、何度もネズミを見ています。冬でも暖かい下水道があり、残飯などで食べ物も豊富な現在の銀座は、ネズミにとって繁殖に適した環境になっているのです。

10月6日には築地市場が閉じられようとしています。あそこには大量のネズミがいる。それらが逃げ出して大繁殖したら、銀座の街はパニックになるでしょう。そのうえ、赤坂や六本木、丸の内など、他の繁華街にも拡大しかねません」

ナイル氏の心配は大げさなことではない。

閉鎖された築地市場は10月18日から解体工事が始まるが、隣接する銀座をはじめとする周辺住民や店舗関係者からは、ネズミの大脱出に不安の声が相次いでいる。
(後略)
(いんよう「livedoorニュース」情報元「週刊現代・現代ビジネス」)
http://news.livedoor.com/article/detail/15336535/


>> にほんブログ村 芸能裏話・噂

応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:ニュース




2018.09.23 Sunday|-|-|-|-

インフォメーション1

  • スポンサードリンク

インフォメーション2

Copyright © ニュース・記事 | 芸能ニュースで最前線! All Rights Reserved.