芸能ニュースで最前線!

information

吉岡里帆、「父親がNHK大河ドラマプロデューサー」は誤報!?・・・どっち?



うその上塗り・・・

はっきりさせる必要あり?
吉岡里帆の、「父親がNHK大河ドラマプロデューサー」が誤報であるなら所属事務所は、週刊新潮に謝罪と訂正記事掲載を要求しないと、本当かどうか一般は納得しないでしょう。

それに対して週刊新潮がつっぱねたら、記事は真実だということになります。

このままでは、だれも事務所を信用しません。
「NHK広報にも確認すると・・・」とありますが、それでは本当に問い合わせたかどうか、それも信用できないんで。

週刊新潮の記者は、吉岡里帆の実家や家族関係くらいは簡単に調べられるんではないでしょうか?もしそれを誤認して記事にしたのなら・・・

週刊新潮は地に落ちたというレベルの話になってしまいます!?

週刊新潮の大失態か、吉岡里帆のうその上塗りか?

どちらに転んでも大事になってきたかもしれません。

(以下いんよう)
(前略)
 そんな中、吉岡にとってまさに泣きっ面に蜂のような報道が……。10月31日発売の『週刊新潮』が、吉岡の父親がNHK大河ドラマのプロデューサーであるという記事を載せたのだ。
(中略)
《京都に住んでいた頃は、夜行バスで東京のオーディションを受けに来ていた》

《上京費用の捻出のために、バイトを4つも掛け持ちしていた》

 など、吉岡はバラエティー番組などでよく苦労話を語っていたのがアダとなった。

父親がNHKプロデューサー”という恵まれた環境なのに、“苦労人アピール”をしていたととらえられたんでしょう。ネット上では、“だから急に推されているんじゃない?”“結局コネなんかい!”など辛辣なコメントが続々と上がっています」(同・テレビ誌ライター)
(中略)
 本誌が吉岡の所属事務所に確認したところ、

「吉岡の父親がNHK大河ドラマのプロデューサーという記事は、まったくの事実無根」

 NHK広報にも確認すると、

「事実ではありません。通常は出演者のプライバシーについてはお答えしておりませんが、今回はそういった事実はないのでお答えしました」

 と回答した。

 吉岡自身も過去のインタビューで、父親について「映像会社を経営するカメラマン」だと明かしている。本誌が調べたところ、確かに吉岡の父親が経営する会社が京都に存在していた。名前もネットで噂されているNHKのプロデューサーとは異なる。
(後略)
(いんよう「Yahoo!ニュース」情報元「週刊女性PRIME」)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181110-00013781-jprime-ent

関連記事:
吉岡里帆、忖度起用か!?・・・父親がNHK大河のプロデューサー!

>> にほんブログ村 芸能裏話・噂
応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:芸能





2018.11.10 Saturday|-|-|-|-

日本人が働けるように、メイドさんを受け入れたら!?・・・入管法



女中さん・・・

新入管法?
最近の入管法の議論は、外国人をとにかく入れたいという意図が感じられて不気味です!
なにか別のことを狙っているようで・・・

人手不足というなら、日本人がまず働けるようにするべきでしょう?
そのために・・・

日本で親の介護で離職してしまう中間年齢層、子育てで働けない若い男女などは、

メイドさんに家のことを任せることができれば、

本人は存分に働けるんじゃないでしょうか?

メイドさんに住み込んでもらえる部屋は普通ないでしょうし、給与があまりに高ければむづかしいでしょうが・・・

専用のマンションを国が用意して住居費をただにしてあげれば、そこから通えるし、個人が直接メイドさんに払う給与はかなり少なくて住むんじゃないでしょうか?

かつての日本は裕福な家庭では、住み込みの女中さんがたくさんいたらしい。
現在でも家政婦さんは存在しますが、当然住み込みじゃないし、料金も高いです。

東南アジアや中東のやや裕福な家庭では、メイドさん(日本でいう、いわゆる女中さん)がいるのが当たり前。日本の企業でも家族で赴任したら、一般的にはメイドさんをつけるのではないでしょうか?

すでに日本の生活レベルは、そこまできています。
尚、こういうメイドさんを期待してはいけません・・・


>> にほんブログ村 芸能裏話・噂
応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:ニュース




2018.11.07 Wednesday|-|-|-|-

熊田曜子、墨田区児童館へクレーム!・・・逆ギレ!?



軽率・・・

炎上・・・!?
世間が「キョトン」です!

事前に調べてから行きましょう!当たり前。はじめていくところに小さな子供を3人つれていくんですから。ブログにアップできるんだからそのくらい何でもないでしょう?

というか問題は、順番を待っている時点で、いっしょに入れるのは「大人1名につき、子供2名まで」とどこかに掲示してあったはず!・・・これをわかっていたらごり押し!

さらに、赤ちゃんを抱いていた上に、他に2人いたこと。これでは何かあった時、とっさに動けるわけない!?何かあったら児童館や人のせいにしないでしょうね?

みんなそのルールを守っているのに、特別扱いされると考えるんでしょうか?
他のおかあさんたちは守っていたはずです、最初から守る気があるのか疑問!?

(以下いんよう)
 3児のママであるタレント・熊田曜子(36)が4日、ブログを更新。5歳、3歳、4カ月の女の子3人がいるが、この日、墨田区の児童館に連れていったところ、厳格なルールで断られ、中に入れず、ショックを受けたことを明かした。

 雨が降っていたため、子供3人と墨田区の東向島児童館分館へ行った熊田。この児童館は時間制で、事前チケットを取るシステムで、順番がきて中に入ろうとしたところ、入り口にいるスタッフから「お子さんは3人ですか?大人1名につき、子供2名までなのでは入れません」と断られたという。

 熊田は「予想外の出来事に私はキョトン」と驚き、「まさかと思い『5歳、3歳、4ヶ月の子供がいて、今日は私1人なのですが・・・』と伝えると『大人1人につき子供2人なので、申し訳ありません』と入室許可が出ませんでした」とやりとりを詳細に明かした。
(中略)
 熊田は「私が4ヶ月の赤ちゃんをずっと抱っこ紐で抱っこをしていているので、抱っこしながら上の子達をみるのはどうですか?」などと粘って交渉してみたが、別の係員がやってきて「ダメです」と断られたという。
(後略)
(いんよう「Yahoo!ニュース」情報元「スポニチアネックス」)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000069-spnannex-ent

>> にほんブログ村 芸能裏話・噂
応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:芸能





2018.11.05 Monday|-|-|-|-

吉岡里帆、忖度起用か!?・・・父親がNHK大河のプロデューサー!



低視聴率女優へ・・・

へへ〜〜お代官様!
吉岡里帆の父親がNHK大河のプロデューサーだったとは、驚き!
これまでいろいろなオーディションを受け続けて、わりと苦労してきたかと思いきや・・・

芸能人の2世ではなくても、各種忖度が働いているに決まってるじゃない。
これまでのドラマ、映画への起用は忖度でしょう?

父親が高収入のNHKなら一般よりはるかに裕福な家庭じゃないの?
しかも大河のプロデューサーって年収いくらよ?

そんなお嬢様が、「京都の実家から夜行バスで東京のオーディションを受けに来ていた」とわかってしまっては、・・・バイトでためたお金で受けにいってないでしょ。

お嬢様が女優になっちゃだめなの?・・・本来はなる必要ないでしょ?

今回の場合、父親の件を隠していたことが返って反発を招きそうです。
女性だけでなく男性も引くかも・・・

(以下いんよう)
ドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)、「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)や映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」といった主演作が軒並み不調とあって、目下“戦犯”扱いを受けている女優・吉岡里帆。その要因に“非共感”があると10月31日発売の「週刊新潮」が報じている。

「視聴率や観客動員の“爆死”は主演女優ひとりの責任ではないものの、生活保護をテーマにした『ケンカツ』、声を出すために薬物を打つという『音タコ』にしても、女性が共感できる内容の作品に出演できていないことに加え、新垣結衣、蒼井優、広瀬すずなどの女性ファッション誌出身の女優がひしめく中で、男性誌で頭角を現してきた吉岡は、女性支持が低いというわけです」(週刊誌記者)

 さらに記事では、吉岡にとって、さらに“共感を呼べない”事実に言及している。週刊誌記者が続ける。

「彼女は、京都に住んでいた頃から夜行バスで東京のオーディションを受けていたという苦労人ですが、父親がNHK大河のプロデューサーということは公表していません。コネで起用されたくないという意思があるからだそうですが、恵まれた環境にあったことは明らかで、この点がネット上で、さらなる逆風になってしまわないか心配です」
(後略)
(いんよう「livedoorニュース」情報元「アサジョ」)
http://news.livedoor.com/article/detail/15545126/

関連記事:
吉岡里帆、「父親がNHK大河ドラマプロデューサー」は誤報!?・・・どっち?

>> にほんブログ村 芸能裏話・噂
応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

JUGEMテーマ:芸能



JUGEMテーマ:芸能





2018.11.04 Sunday|-|-|-|-

安倍首相、外国人労働者の受け入れ拡大!・・・歴代最悪の総理に!?

-


どうしちゃったの?

恐怖のまず4万人!
人手不足対策が大きな問題になっているということで、安倍政権が入国管理法改正案の早急な成立を目指しています。初年度4万人!?

その内容は、どう考えても実質移民容認なんですが・・・

だれが移民をOK!したんですか?

「移民政策を採ることは考えていない。混同しないでもらいたい」と説明しています。
あくまで移民じゃないので、外国人に自国の価値観(日本)を強制しないで、共生社会を実現してください?

なんですか、それは要するに・・・
入ってくる外国人は日本の文化・習慣に合わせる必要はないです。

今いる日本人は、入ってきた外国人が訳の分からないことをしても、ルールを守らなくても、大目に見て大事にしてあげてください。・・・ということ?

しかも、すでにわけわからない状態で、在留中国人が増えてきているらしい。特に技能もなく・・・

これって、さすがに日本の危機かも!?

人手不足対策なら、まず、親の介護で離職せざるおえない人や、引きこもりの人が働けるようにするべきではないですかね。

いよいよ安倍政権は末期状態かもしれません。(ただそれは=日本の危機、でもあるかもしれません)

(以下いんよう)
(前略)
■これまで自民党は移民受け入れを否定してきた

 入国管理法改正案のポイントは次の4点である。

(1)「特定技能」という在留資格を設ける
(2)その枠内で技能と日本語の能力のある外国人を受け入れる
(3)在留期間は最長5年で、家族の帯同は認めない
(4)ただし熟練した技能があると判断されれば家族を呼んで労働を継続できる

 このうち(4)はどう考えても永住につながり、移民そのものだ。そこで沙鴎一歩は言いたい。

 これまで自民党は「入国する時点で永住を許可されているごく一部の外国人のみを『移民』と呼ぶ」と移民を独自に定義し、移民受け入れを否定してきた。

 だからと言って正面から移民政策を議論することを避け、入国管理法の安易な改正で外国人労働者の枠の拡大を目指すのは、小手先の対応で根本的解決には至らない。
(後略)
(いんよう「Yahoo!ニュース」情報元「プレジデントオンライン」)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181102-00026622-president-pol


>> にほんブログ村 芸能裏話・噂

応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 芸能一般情報

2018.11.03 Saturday|-|-|-|-

インフォメーション1

  • スポンサードリンク

インフォメーション2

Copyright © 芸能ニュースで最前線! All Rights Reserved.